JIMTOF 2018(日本国際工作機械見本市)アジア最大級の 工作機械見本市~出展社に聞く「今回どうだった?」~

JIMTOF 2018(日本国際工作機械見本市)

会期:11月1日(木)~6日(火)
会場:東京ビッグサイト全館
主催:一般社団法人 日本工作機械工業会/東京ビッグサイト
出展者数:1085社
来場者数:15万3103人

隔年で開催されるアジア最大級の工作機械見本市。シカゴのIMTS(米国国際製造技術展)、上海のCCMT(中国CNC工作機械展覧会)、ドイツ・ハノーバーのEMO(世界最大規模の工作機械展示会)など、各国で行われる工作機械系の大規模な展示会と比べると、展示会面積は最も小さく、出展社数は最も少ないが、来場者数は最も多い。2016年の14万7602人から、今回は約5000人増の15万3103人となった。
 工作機械市場は17年の受注総額が過去最高となるなど好調だが、人手不足が業界全体の課題になっており、会場では業務効率化や自動化などのサービスを求める来場者が目立った。来場者の属性は金属製品・加工関連業者が最も多く、商社や一般機械・金型・器具が続く。海外からは世界77カ国から約1万2000人が来場した。


来場者が求めるのは工数削減
小坂研究所(東京都千代田区)

精密機器や流体機器を扱う。金型メーカーや自動車メーカーが多く来場した。来場者が求めているのは工数の削減だ。人間が行う作業を簡素化し、できるだけ簡易に計測できる機器を低コストで導入したいというニーズが多い。これは製造業全般に言える本質的なニーズだ。
来場者が最も興味を示したのは、アーム式の非接触化3次元測定機。最近はデザインに力を入れる企業が増えている。今回は3次元関連の製品を扱う初出展の企業が目立つ。


関東エリアの既存客フォローがメイン
ファースト技研(広島県福山市)

本社が広島なので、関東のお客と出会う場として出展する。自動車関連がメインで、来場者の8割が既存客だ。来場者の多くが省スペースにつながる小型の機械を求めている。前回よりもIoTやロボット関連が増えた印象だ。


作業効率化ニーズの高まり感じた
富士製砥(東京都台東区)

砥石や研磨工具のメーカーで、顧客は溶材商や鉄工所、造船所、鉄骨・橋梁関係など。慢性的な職人不足のため、「効率的に早く仕事を終わらせたい」というニーズが強い。そこで最近では、従来よりも早く仕上がり、加えて人体に悪影響を及ぼさない製品の提案をしている。それと最近目立つのは、振動や騒音が少ない機器。静かなものであればあるほどニーズは高い。


EV車の需要増で製造業の変化感じた
タカハシキカイ(新潟県小千谷市)

自動車部品を製造するための加工機器を提供する。1100人ほどを集客できた。自動車業界の来場者が多く、中でも自動車部品メーカーが多かった。前回よりも海外からの来場者の姿が目立った。中国、韓国、欧州系が中心で、インドから来た人も。海外の来場者は自動車業界だけでなく家電、通信系と幅広い。短時間でいかにたくさん加工できるか、量産に着目する来場者が多かった。
前回よりも明らかに来場者数が増えた。最終日もかなりの人でにぎわっていた。ハイブリッドやEV車の需要が高まり、製造業の勢力図が大きく変わる過渡期に直面する中、関心が高まっているのだろう。


自動車部品の下請け零細企業目立つ
静岡鐵工所(静岡県静岡市)

工作機械の製造販売を手掛ける。製造業全般、部品加工、治工具、金型など加工メーカーはもちろん、学校・公的機関など満遍なく来場。自動車部品の3次請け、4次請けといった従業員10人以下の零細企業の来場が目立った。人手不足解消などが背景にあるようだ。
目立ったのは外国人で、中国、ロシア、韓国、米国人をブースで接客した。海外での受注実績がないため、要望に応えることができないのがもどかしかった。海外の規格・基準を満たす製品の開発の必要性を感じた。
用意したパンフレット1000部がなくなり、昨年のブース来場者700人より、かなり増えた印象だ。


中華圏の来場者目立った
東陽(愛知県刈谷市)

今回は、例年よりも外国人の来場者が多かった。他のブース出展者もそう言っている。ブースにも 500~600人が訪れた。特に中華圏の来場者が多かった。
自動車業界の機械工具の商社だが、自動車業界以外の顧客を獲得するために展示会では輸入品を展示している。今回、特に反応が良かったのは、工業用部品に刻印をする米国製の機械。文字だけでなく2次元コードを刻印することもできる。トレーサビリティ(追跡管理)に関心を持つメーカーが、工業用品にコードをマーキングする道具になると関心を持ったようだ。


品質管理に対する意識の高まり感じた
中村製作所(東京都品川区)

あらゆる製造業の人に今のニーズを聞ける貴重な場。中でも製造現場で働く作業員に現場目線の話を聞けたのが良かった。家電関連、プリント基板を組み込んだ製造メーカーなどの来場も目立った。
例年は来場者のピークは土曜日だが、今回は月曜日も変わらないくらいの人がいた。最近は日本メーカーの品質管理の不祥事が相次いでおり、数管理を徹底しようという風潮を感じる。
全体的にブースデザインがより洗練され、装飾にも力を入れている気がする。


東欧からの来場者目立った
小池酸素工業(東京都墨田区)

溶接や切断機器の製造販売を手掛ける。10小間で出展し、約 1300人がブースに来た。ターゲットは造船をはじめ、建築、鉄骨、橋梁、製缶などの業界で、狙い通りの業種の人との出会いが多く満足。
来場者で目立ったのは外国人で、東欧の人も多かった。欧州の企業はハンガリー、ポーランド、チェコ、スロバキアなど東欧に生産拠点を持つケースが多い。製造工場で働く人たちや工業系の学生や教授なども来場した。
人気があったのは、バーチャル世界で溶接を体験できる溶接技能訓練VRシステムだ。大手造船メーカーが新入社員研修用に導入した実績もある。

【出展者が挙げた競合展示会】

メカトロテックジャパン

2019/10/23(木)~26日(土)@ポートメッセなごや
主催:ニュースダイジェスト社機械要素技術展
2019/2/6(水)~8(金) @東京ビッグサイト
主催:リード エグジビション ジャパン

国際ウエルディングショー

2020/4(予定)@大阪
主催:一般社団法人日本溶接協会
産報出版株式会社

ドイツエッセン溶接フェア

(4年に一度、前回2017/9/25(月)~29(金)

インターモールド

2019//4/17(水)~20(土) @東京ビッグサイト
主催:一般社団法人日本金型工業会

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る