Japan IT Week 秋

会期:10月24日(水)~26日(金)
会場:幕張メッセ
主催:リード エグビション ジャパン
出展社数:750社
来場者数:5万3212人
併催:AI・業務自動化展、店舗ITソリューション展、IoT/M2M展、通販ソリューション展、ビッグデータ活用展、データセンター展、モバイル活用展、Web&デジタル マーケティングEXPO、情報セキュリティEXPO、クラウド コンピューティングEXPO

開催9回目のIT専門展で、回を重ねるごとに新たな切り口の併催イベントを増やしている。出展者は昨年から100社増の750社。人工知能(AI)やビッグデータ、IoT(モノのインターネット)などのソリューションの展示が多いが、この1、2年はRPA(ロボットによる業務自動化)やチャットボット(テキストや音声を通じて会話を自動的に行うプログラム)などの出展も目立ち、クラウド関連も増えた。
来場者の職種は、企業の情報システム、マーケティング、経営企画の担当者など。全国から5万人超が来場者。Japan IT Weekは春、秋、関西の年3回開催だが、「春の来場者は情報収集レベルが多いが、秋の来場者は本気度が高い」と評する出展者が多い。


さまざまな担当者と知り合えた

セインジャパン(茨城県守谷市)

当社は空気圧製品、油圧製品などの輸入・販売業者で、主な顧客は工場設備、造船、建設機械の関係者。今回はメーカーや設備、インフラ、サーバー関連など幅広い来場者と出会えた。IT系の展示会は、製造業系の展示会では絶対に出会えない人たちと出会える。50人ほどの来場者とじっくり話し込むことができた。


 

【PR】他と同じことはやらない 展示会で勝つブース P.H.WORKS

 


AIよりもRPAに追い風

FCEプロセス&テクノロジー(東京都新宿区)

国際RPAで出展した。人手不足解消や業務効率を求める幅広い業界のシステム部門、事務部門の担当が訪れた。RPA自体の認知度が格段に上がったこともあり、具体的な事例を聞かれることが増えた。
RPAはAIよりも業務効率化において即効性があるため、大手から中小で順次導入が進められている。今回はパンフレットを約7000枚配布して、リードも1000社を超えた。


 

【PR】専属デザイナーがゼロから創る展示ブース『デザインルーツ』

 

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る