IoT機器開発の担当者の来場多く【ET & IoT Technology】

▲組み込み系に特化した展示会は少ないため貴重な機会だと話したコマスの叶内禎宏社長

IoT機器開発の担当者の来場多く

組み込みシステムの展示会「ET & IoT Technology」に来場したのは、IoT機器を製造するメーカーの開発担当者や、業務の軽減を目指す現場の責任者が多かった。IoTに対する認知度が高まり、ネットワークにつながった機器の導入により、人手不足の解消や業務軽減につなげようと考える人が増えたようだ。

自動車向けの車載機器ソフトウェアなどを開発するコマス(神奈川県横浜市)には、工場の自動化システムを開発するメーカーの担当者が訪れた。
一方で、介護や医療の従事者は、動けない要介護者に視線で意思を伝える技術に関心を持った。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る