工作機械メーカー、学生向けにアピール

▲工作機械大手のヤマザキマザックは、サンダーバードをモチーフにしたブースを作り、学生向けにPRした
工作機械の展示会「日本国際工作機械見本市(JIMTOF)」では、学生に向けてブランドをPRするブースが並んだ。生産財を扱う業界は世界的シェアを持つ大手企業でも、学生の間では知名度が低い。採用難は共通の悩みとなっており、主催者も学生向けのセミナーなどで誘致に力を入れる。理工学系の学生が集まる展示会は、採用も出展する大きな目的となっている。

サンダーバードでPR

工作機械大手のヤマザキマザック(愛知県丹羽郡)がJIMTOFのためにつくったブースでは、サンダーバードに登場するマシーンが全面的に打ち出された。2019年に創業100周年を迎えるにあたり、広告展開におけるキャラクターとして採用したものだ。テレビ放映時に番組見ていた中高年層をターゲットにしていながら、遊び心のある社風を周知することで、若い学生たちの関心を引きつけようというブランド戦略だ。
ブースでは来場する学生たちに会社説明をするために、「学生担当」のバッジをつけた社員が複数待機した。経営企画室の大石亮室長は「JIMTOFに出展する目的の半分は学生に向けたPR」と話す。年商2500億円で世界に展開する工作機械大手でも、学生でヤマザキマザックを知る人は少ない。知名度の低さは新卒採用において出遅れの要因となっており、理工学系の学生が来場するJIMTOFは、業界における会社の存在を知らしめる格好の場というわけだ。
知名度の低さによる採用難は、ヤマザキマザックに限った話ではない。生産財だけを扱うメーカーはどこも状況に大差はなく、主催の(一社) 日本工作機械工業会も、会場に学生を集めようと、経営者や若手エンジニアを講師に立てたセミナーを毎回企画する。


▲ヤマザキマザック(愛知県丹羽郡)経営企画室 大石亮室長

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る