ジャパン・ロボットウィーク

開催概要
会期:10月17日(水)~19日(金)
会場:東京ビッグサイト 東4~8ホール
主催:日本ロボット工業会、日刊工業新聞社
後援:経済産業省他
出展社数:179社・団体
来場者数:3万2681人
併催:洗浄総合展モノづくりマッチングJapanSAMPEJapan先端材料技術展World Robot Summit

ロボット導入検討企業が来場

隔年開催で「国際ロボット展」と交互に開催するロボット専門展。今年で4回目。来場者の属性は幅広い。多かったのは電気・電子18%、情報・通信11%などだ。職種は研究・開発19%、営業・販売18%、企画・調査・マーケティング15%。自社の製品やサービス、工場にロボット技術を生かしたいという漠然としたニーズを持つ来場者が目立った。

洗浄総合展」、3D造形、革新・複合材料などをテーマにした「モノづくりマッチングJapan」、先端材料をテーマにした「先端材料技術展」が併催されたほか、ロボットの国際大会も行われ、23カ国から126チームが参加した。

ジャパン・ロボットウィークどうだったの??
出展社に聞く『今回、どうだった?』
▼▼▼▼▼

プロトラブズ(神奈川県座間市)

樹脂の需要感じた

設計関係や商品企画の担当と出会うことができた。海外からの来場者もちらほらいた。ロボット産業向けサービスに力を入れるために初出展した。省エネ化のため、軽量な樹脂性ロボット部品の人気が高まっている。来場者の反応もよかった。


ウシオ(大阪府守口市)

メーカー担当者多かった

ロボットメーカーやドローンメーカーの開発担当の来場者が目立った。具体的に何かを探しているというよりも、開発のヒントを探しに来ているような、抽象的な感じで来ている人が多かったと思う。当社は板金部品を主とする試作品製作の「加工屋」なので、イベントの来場者層とは合わなかった。他の展示会では100枚以上は名刺交換するが、今回は30枚程度だった。


西部電機(福岡県古賀市)

物流系来場者多かった

倉庫や工場の自動化を検討しているメーカーや物流系の来場者が多かった。3日で100人弱と話し込み、名刺交換できた。直近で出展した「TOKYO PACK」が70人前後だったので、それに比べると多い。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る