記者の目(36)環境都市/ドイツ・フライブルクでの気づき

省エネ住宅を特集したことが幸いし、ドイツ・フライブルク市を取材する機会に恵まれたのは5年前。

地域の集中暖房施設、熱を逃がさない家づくり、人口増減と連動した都市計画など、専門家の説明を聞きながら充実した5日間を過ごした。

環境都市として名高いフライブルクには各国から視察や研修に関係者が訪れる。視察した企業や施設の対応も慣れたものだった。

アイチスカイエキスポの指揮を託されたモルガン社長から産業観光の話を聞きながら、あれがそのものだったことに気づかされた。


コラム【記者の目】はこちら

記者の目(35)みんな、ネットに飽きた?


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎
2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る