愛知国際会議展示場(名古屋市)モルガン・ショドゥレール社長(45)
1973年5月、フランスで生まれる。パリ・ドフィーヌ国立大学で税務財務、フランス国立東洋言語文化研究院で日本語を学ぶ。アンダーセン/朝日監査法人、LVMH・ジャパン新日本監査法人エルメス・ジャパンプチバトー・ジャパンを経て、16年に関西エアポートの常務執行役就任。18年9月より現職。

モルガン・ショドゥレール氏は、関西空港、伊丹空港、神戸空港を運営する関西エアポート(大阪府泉佐野市)の常務を務め、9月に愛知国際会議展示場(名古屋市)の社長に就任した。一見接点がない空港と展示場の経営を結ぶのは、公的施設の経営を民間が行う「コンセッション方式」だ。増収増益を継続する関西エアポートの株を4割保有するヴァンシエアポートは、空港経営を専門にする。愛知国際会議展示場に株主参加するGL events社も施設運営を専門にしており、両者は共にフランスに本拠地を置く民間企業だ。流ちょうな日本語を話すフランス人のモルガン社長は、Aichi Sky Expoについて、世界に愛知を売るための仕掛けと捉えている。

空港経営で公民連携を経験

―愛知県がAichi Sky Expoの経営をGL eventsと前田建設工業に託したのは、GL eventsが持つ展示会場経営の実績に期待してのことだと思うが、実際にはどんな運営をするのか。

2つの仕事をやらなければならない。一つは愛知という地域の魅力を世界に発信することだ。愛知は世界的なものづくり産業の集積地だ。特に、自動車、ロボット、宇宙工学の分野における地域企業の存在は大きい。だが、世界で「自動車、ロボット、宇宙工学のまち」として愛知を認識する人はいない。愛知の魅力が全くPRされていないということだ。もう一つはAichi Sky Expoのアピールだが、展示会場は愛知の魅力を世界に発信するための優れた道具になると捉えている。

―地域産業を武器にした世界向けの地域ブランディングを、展示会場を使って行うということだが、これまでに同様の実績はあるのか。

GL eventsの実績としては、フランス・トゥルーズが挙げられる。航空機大手のエアバスが本社を置く街だが、自治体やコンベンションビューローと協力しながら3つのコンベンション施設を運営している。愛知と同じく航空宇宙産業の集積地で、関連企業や研究施設が多い。カンファレンスや展示会が開催されると世界の研究者や業界関係者が訪れ、イベントに合わせ工場や施設を見学する産業観光も活発だ。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る