▲製造業、流通、サービスなど、メーカーが多く、小売業者は少ないと話す髙山千佳歳販路支援部長

中小企業基盤整備機構 海外進出商談会開催

中小企業基盤整備機構(東京都港区)が開催した海外進出企業のための商談会「SWBS海外ビジネス総合展」にベトナム進出を検討する中小企業が訪れた。

2年連続出展したレオパレス21(東京都中野区)は、従業員向けの住まい探しや、アジア各国で展開するサービスアパートメントの周知を行った。タイ、カンボジア、ミャンマー、フィリピンなどの情報も持ち込んだが、「圧倒的にベトナムに関する相談が多かった」と法人事業戦略統括部の吉岡香奈さんは話した。

海外進出サポートのアイ・シー・エス(埼玉県さいたま市)は、アジアと共に力を入れるケニアに関する情報提供も行った。ケニアでは成人の7割が利用するスマホを使ったモバイル決済「M―PESA(エムペサ)」の影響で、経済が大きく変わったという。


関連記事はこちら

製造業、飲食、IT  加速するベトナム進出の現状まとめ【WEB限定】


Gotou
国際イベントニュース 編集部 後藤 豊

2017年全国賃貸住宅新聞社入社。「国際イベントニュース」企画開発部所属。インバウンド集客に必要な商材、海外に進出する企業向けサービスを中心に情報収集。趣味は読書。自宅に溜め込んだ蔵書は4500冊を越え、かねてから妻との懸案材料となっている。

関連記事

コメントは利用できません。


 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る