▲既に海外進出する食品会社の出展も多かった

日本の食品輸出EXPO

会期:10月10日(水)~12日(金)
会場:幕張メッセ
主催:リードエグジビションジャパン
共催:日本貿易振興機構(JETRO)
協力:農林水産省
出展者数:548社

日本の食品輸出EXPO 海外から食品バイヤー4000人

昨年から始まった「日本の食品輸出EXPO」に海外から4000人のバイヤーが来場した。そのうち1500人は主催のリードエグジビションジャパン(東京都新宿区)が渡航費を負担して招致した。出展企業は前回の304社から548社に増え、海外進出を目指す食品メーカーや商社が出展した。

背景には、政府が2019年の達成を掲げる農林水産物・食品の輸出額1兆円目標がある。17年には8070億円に迫り、政府と農林水産省は展示会を通じ目標達成に向けた支援を行う。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る