▲初回から13回連続参加する静岡銀行。渡邉沙季さんは、通路で声を出し来場するバイヤーに地元の企業をアピールした

地方銀行フードセレクション
会期:10月23日(火)・24日(水) 東京ビッグサイト 西1・2ホール
地方銀行フードセレクション実行委員会(地方銀行54行)、リッキービジネスソリューション
出展者:970社

地方銀行54行が主催に名を連ねる食品の展示会「地方銀行フードセレクション」に、県外での流通先を探す、地域の食品生産メーカーが出展した。食品を扱う小売、流通業のバイヤーに向けて、販路開拓に精を出す姿が見られた。小売・流通バイヤーにとっても東京では見つけにくい、目新しい商品を探す機会となっているようだ。

地方銀行フードセレクション 県外流通先探す地域食品メーカー

▲4回連続の出展となる菓子製造の玉華堂(静岡県磐田市)は静岡銀行の紹介で、この展示会を知った。今回、花井剛部長は「極ぷりん」をPRした

静岡県内に6店舗を展開する、和菓子・洋菓子製造の玉華堂(静岡県磐田市)は、4回目の出展だ。この会場で、高速道路のサービスエリアに店舗を出す小売業者との販路ができ、続けて出展するきっかけとなった。「県外の小売流通業のバイヤーと知り合い、直接話せる貴重な機会」と営業部長の花井剛さんは話す。地元から離れた場所で販路をつくるのは、紹介などのきっかけでもないと、入り口が見えず難しいからだ。

毎年この会場で会うバイヤーとは顔なじみになり、新しい取引も始まっている。今年も首都圏で多店舗展開する高級小売店のバイヤーと話ができた。「その店で売りたい、という次の具体的な目標ができた」(花井さん)

▲飛騨市役所・商工観光部の出嶋秀章さんは、オンラインショップを始める企業から商品提供の相談を受けた

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る