東京ゲームショウ2018

開催概要
会 期:9月20日(木)・21日(金)(ビジネスデイ)、22日(土)・23日(日)(一般公開)
会 場:幕張メッセ1~11ホール、イベントホール、国際会議場
主 催:一般社団法人 コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
共 催:日経BP社(ドワンゴが特別協力)
出展者数:668社
来場者数:29万8690人(昨年24万4311人)

目立つ海外来場・出展

41の国と地域から過去最多の668社が出展した。ゲームの出展タイトル数は1568。

今年2月に一般社団法人日本eスポーツ連合が立ち上がるなど話題のeスポーツを特集した大型ステージ「e―SportsX」では、対戦型格闘ゲームや対戦サッカーゲームなど国内トッププレイヤーの対決が繰り広げられた。

会場内で目立ったのはモバイルゲームで、出展タイトル中スマートフォン向けゲームは3割に拡大。ユーザー1人当たりのスマホゲームの課金額が世界1位の日本市場は外資企業からも注目されており、海外からの来場者や出展者が増加している。

東京ゲームショウ2018どうだったの??
出展社に聞く『今回、どうだった?』
▼▼▼▼▼

エム・ビー・エーインターナショナル(東京都世田谷区)

展示会に合わせて新作リリース

過去2回の出展ではインディーズゲームコーナーに0.5小間で出展したが、あまり反響はなかった。今回は女性向けモバイルゲームでロマンスゲームコーナーに出展。大手出版社やゲーム会社から仕事の依頼やコラボの話を頂いた。ビジネスデイだけで約100枚名刺交換できた。


エビリー(東京都渋谷区)

初出展の昨年より手応えあり

ユーチューブなどソーシャル動画データの分析サービスを出展した。昨年、初出展で成果が上がったので、今年も同じ2小間で出した。ゲーム会社が多く来場する「コンテンツEXPO東京」「Next Marketing Summit」などの展示会にも出展しているが、「東京ゲームショウ」の集客が最も多い。今回は、ユーチューバーでプロモーションをするゲーム会社と出会えた。ブースが出入り口付近だったせいか、昨年よりも足を止める来場者が増えた。満足度は80点。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る