自動販売機をアジアへ 中国市場 5年で15倍に【海外展示会挑戦記】

▲市場拡大が見込まれるアジアへの出展を続ける富士電機

富士電機(東京都品川区)
@Food & Hotel Indonesia

近年、アジア各国においても人件費の高騰から、自動販売機の普及が進んでいる。中国では、2011年に約1万台だったのが15年に15万台へ急拡大した。20年には140万台まで増加する見通しだ。

富士電機(東京都品川区)は自動販売機製造において国内トップシェアを誇っており、年商9000億円のうち約15%を食品流通部門が占める。海外事業担当の崔一川氏は「アリペイ、ウィーチャットペイなど電子決済が普及し、自動販売機導入に向けた追い風が吹いている」と話す。

だが、今のところ、海外売り上げは全体の2割程度だ。アメリカでは治安の低さから維持・管理が困難だ。欧州では景観維持を理由として導入が進まない。中国では、偽札が多いことから自動販売機が普及しづらいという背景もあった。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る