ゲームで海外狙うなら台湾から ユナイテッド(東京都渋谷区)【海外展示会挑戦記】

▲ユナイテッドのゲーム事業部は海外売り上げが4割を占める

ユナイテッド(東京都渋谷区)
@Taipei Game Show(台湾)

ユナイテッド(東京都渋谷区)はモバイルゲーム開発のワンダープラネット(名古屋市)と共同で、昨年末に開催された台湾の「Taipei Game Show」に出展した。リリースから3年を迎える「クラッシュフィーバー」のユーザーは、日本よりも台湾の方が多い。台湾でのプロモーションを強化したこともあり、モバイルアプリセールスランキングで1位を取ったこともあるという。ゲーム事業部の売り上げのうち4割を海外で売り上げており、その多くが台湾と香港だ。

▲「親日派が多く日本文化が受け入れられやすいため、ゲーム業界では台湾のイベントに出ることが多い」と話す木村圭介マネージャー

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る