【データ調査室】この夏、ドラッグストアから「アネッサ」が消えた インバウンド消費の中身

プラネットが中国、香港、台湾、韓国で、訪日経験者を対象に各国300人ずつ、インターネットによるアンケート調査を行った。調査では、日本国内での買い物および飲食行動について聞いている。

日本で買い物をする外国人観光客の間では基礎化粧品が人気のようだ。日用品や化粧・医薬品メーカーと小売流通業者取引のオンラインシステムを運用するプラネット(東京都港区)が、中国、香港、台湾、韓国の訪日観光客に対して消費動向調査を行った。その結果、医薬品、化粧品、日用品の中で一番買われているのは、中、香、韓で化粧水や乳液などの基礎化粧品だった。中でも消費の主役は複数回来日する人たちだ。観光庁の調査でも、韓国、台湾、香港から来る観光客のほぼ半数が2回以上来日していることが明らかになっている。

インバウンド消費の中身 この夏、ドラッグストアから「アネッサ」が消えた

資生堂の女性向け日焼け止め商品「アネッサ」が、今年の夏、ドラッグストアの店頭から姿を消した。「来日した中国人が大量に購入したのが主な原因です」と話すのは、プラネットの今村佳嗣執行役員だ。個人用、お土産用で購入した人だけでなく、中国国内で転売する目的で購入した人がいて、店頭在庫の買い占めが続出したという。

中国人が日本で化粧品を買って帰る理由は二つある。一つは価格の安さだ。日本製化粧品の多くは、中国で日本の3倍の価格で売られている。これは、メーカーの正規ルートで輸出されたものよりも、アネッサのように日本の店頭で仕入れて中国に運ばれるものが多く流通しているからだ。違法ではないが、輸送費や間に入る輸出入会社の手数料分だけ価格が上乗せされる。また、高くても売れるため、強気の価格設定がまかり通るのだ。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る