▲西九条で40年スナックを続けた野坂五夫さんは、SEKAI HOTELの開業でお店の継続を決めた

~SEKAI HOTEL~ 住民説明会を毎月開催

空き家を改修した地域密着型ホテル「SEKAI HOTEL」を、運営会社のクジラ(大阪市)は、全国5拠点に2020年までに拡大を目指す。その後は世界展開まで視野に入れるという。地域の理解を得ることが西九条での成功につながった。毎月説明会を開催するのもノウハウの一つだ。

リノベでの展開今後も継続

2020年までに、民泊を全国5拠点展開するのが現在の目標です。5拠点できることで「SEKAI HOTELってこういうブランドだ」と周知されブランディングが完了すると見ています。それ以降は、具体的に地方の都市でも、地元企業や行政と共同開発が始められると思っています。最終的には全国20拠点が目標です。海外からの話もあり、視野に入れています。

新築は建設せず、基本リノベーションのみ行っています。最近はマスコミに頻繁に登場したこともあり、「上場するのか」という質問もいただくのですが、上場はしません。今後空き家はさらに増え、地域の機能低下も進むでしょう。整理する・再構築するという開発の余地があらゆる地域にでてくると思っています。その地域で最小限かつ最適な開発の提案もしたいし形にもしていきたいです。我々は自分たちのことをミニマムデベロッパーと呼んでいます。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る