カテゴリー:コラム

    第八回 今日の中国〜高速鉄道が春節を変えた〜

    ▲厦門一の観光スポット中山路は春節中も大にぎわいでした  新年快楽! 中国語で「明けましておめでとうございます」という意味です。掲載が遅れたわけではありません。日本の元日にあたる春節が2月5日なので、2月は旧正…

    日本のスキー場へのアクセス 海外から好評価【立ち話】

     「日本のスキー場は欧米に比べて都心からの距離が近い」と話すのは日本スキー産業振興協会の藤崎浩事務局長だ。北海道のニセコや白馬などで、新雪を楽しむオーストラリアや北米の愛好者は一般的になってきたが、軟らかくて滑りやすいパ…

    第七回 今日の中国〜青空お見合い相談所 参加者は親たち〜

    中国人の生活習慣をそれなりに理解したつもりの私が、最近改めて衝撃を受けたのが、即席でつくられた青空結婚相談所です。前回紹介したスポンジを実演販売していたすぐ隣の公園で行われていたのですが、公園の木の枝にロープを渡し、そこ…

    デジタル世代に通用するデータの公表とは

    職場や学校の人間関係でも、どちらが高価なワインかを見極める二択クイズでも、できることなら多勢につきたい。数的優位は、戦わずして勝つための鉄則、などと言うまでもなく、大勢が選んでいると聞くだけで、とりあえず安心だ。口コミ、…

    電気工事会社編【イベント仕事図鑑】

    ▲業界最大手、飯田電機工業の石橋茂雄執行役(右)と島崎信夫執行役(左)は、入社以来、展示会の電気工事に携わってきた。 深夜に始まる会場内作業 展示会を中心に、イベント会場の電気工事を専門にする人たちがいる。短期間で大…

    語る手記(12)

    9.11翌月の2011年10月、ジョージ・W・ブッシュ大統領がニューヨークのヤンキースタジアムで始球式のマウンドに立った。 その直前、遊撃手のデレク・ジーターはこう尋ねる。「正規のプレートから投げますか」。防弾チョッキ…

    イベント取材日記(28)

    聖地巡礼、生みの親は地デジ化  (一社)日本動画協会(東京都千代田区)の石川事務局次長いわく、アニメの聖地巡礼がはじまったきっかけは2011年7月の地デジ化だという。 デジタル放送への移行によりテレビの画質は大幅…

    語る手記(11)

    落語家・柳家小三治の「出来心」はこう始まる。「落語に出てくる泥棒といえばしっかりした人物はいないもので、ドジでマヌケな者ばかり。それでも、親方がちょっと注意をすると『これからは真面目に泥棒家業に精を出します』と誠意を見せ…

    記者の目(16)

     「アマゾン、グーグルに勝つ方法を考えている」。 そう聞いたとき、不覚にも笑ってしまった。間もなく傘寿を迎える老舗ソフト会社の経営者が話した言葉だ。何の冗談でもない。その会社のAI開発チームは世界市場を獲る商品の開発を…

    イベント取材日記(27)

    ムスリム市場、着実に広がる 以前ハラール対応の店が増えているという話を聞いてからというもの、街でムスリムを見かけると意識するようになってきた。女性の場合は頭に身に付けるヒジャブ(肌を見せないように巻く布)が目印になるか…
ページ上部へ戻る