カテゴリー:連載コラム

    記者の目(44)ライフサイエンス産業への期待

    ライフサイエンス産業への期待を聞く機会が増えた。 万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」を耳にした時は、また言ってる、としか思わなかった。 誘致のロビー活動に当たった関西経済連合会の櫟真夏さんから「医薬…

    【365】野球観戦、そしてイチローの引退

    前に野球中継を見たのがいつか思い出せない。小学生時代は巨人戦を毎日見ていた。 その後パタリと見なくなったのは、放送がなくなったからではない。 原辰徳が打ったバットを宙に振り上げた頃を最後に、面白くなくなった。…

    記者の目(43)パーカーの似合わない男

    パーカーが似合わない。 168センチの身長か、頭と体のバランスか、締まりのない腰回りのせいか、恐らく全てに原因があるが、なんとも滑稽な姿になる。 ならば着なければ良いのだが、手に取って後悔するのを30年以上続…

    【医療インバウンド10年の軌跡】第8回 市場拡大のポイント

     医療インバウンドのこれまでを振り返ってきた連載の最後は、市場拡大に向けた課題についてです。青木氏は海外でのプロモーションが足りていないことを指摘しました。継続的なプロモーションを行えば、中国、ロシア、ベトナムなどの地域…

    第八回 今日の中国〜高速鉄道が春節を変えた〜

    ▲厦門一の観光スポット中山路は春節中も大にぎわいでした  新年快楽! 中国語で「明けましておめでとうございます」という意味です。掲載が遅れたわけではありません。日本の元日にあたる春節が2月5日なので、2月は旧正…

    【365】組織トップの責任と苦悩

    清原和博さんが話すのを見た。薬物依存症の理解を深めるために開かれたイベントだ。 表情はこわばっていたが、声は穏やかで、依存症患者の家族や友人へメッセージを求められたときの答えが印象的だった。 「薬物を使うため…

    記者の目(42)海外バイヤーを招致したい展示会にとって良い状況

    厳しい小売業にあって好業績が続いていたドラッグストア各社が、第3四半期決算で減益に転じた。 要因の一つとされるのが、中国で1月から施行された輸入品のインターネット通販を規制する法律だ。 日本で爆買いした商品を…

    【医療インバウンド10年の軌跡】第7回 医療渡航ビザの利用状況

    ロシアにも高い可能性 取得しやすく、期間の制限もおおらかな医療渡航ビザは、制度ができてから6年で20倍近く増加した。利用者の大半は中国人だが、「インバウンド観光客の全対数から見れば、まだ非常に数が少ない」と青木氏は…

    【365】個性的でいること

     壁に寄りかかって、円座になって、皆でニコニコ。採用募集の写真がどれも似ていて、効果半減としか思えない。 募集サイト運営会社の手引書で「社内の雰囲気と環境がわかる写真」が勧められていたが、その結果だろうか …

    記者の目(41)にぎわい、インバウンド集客

    にぎわいって、何だ。インバウンド集客、とか、シャッター商店街の再開発計画ができる度、その言葉が躍ります。 築地の再開発計画の場合は、交流促進ゾーンでした。 …
ページ上部へ戻る