カテゴリー:コラム&インタビュー

    記者の目(38)外国人バイヤーの勝機

    地産地消の典型と思われる不動産にしても、今や世界から買い付けに訪れる。 海外不動産に投資する日本人がいるように、日本の地方不動産を買い求める外国人も少なくない。動産はなおさらで、外国人バイヤーを見かけない展示会はな…

    神尾 衣里子 式場で声をかけられてタレント事務所へ【Person】

    地元の高松で5年勤めた製紙会社を寿退社し、 ウエディングドレスを見に行った場所で、タレント事務所のスカウトを受けた。それから、ブライダルモデル、地元ローカル局のレポーター、イベントの司会としてキャリアを積んだ。 2…

    第四回 今日の中国~春節に実家に帰る時代は終わった〜

    ▲厦門は中国有数の観光地、国内全土から人がやってきます。 昨晩遅く日本より廈門に戻りこのコラムを書いています。夜の22時ですが私の家がある中山路には中国各地から来る観光客で、昼間以上にたくさんの人が歩いています。廈…

    【365】無料タクシー

    急須のような新型タクシーを当初は目で追いかけていたのだが、もう当たり前の風景になっていた。 そう気付いたのは、新たな違和感に遭遇したからだ。 DeNAが投入したばかりの無料タクシーが目の前を走っていった。 …

    記者の目(37)展示会は学生向けのPR機会

    展示会は学生向けのPR機会。それは、生産財メーカーでは当たり前のことだった。 工作機械や半導体産業の大手には、世界シェアを持つ企業が多い。 就職先として人気があるものと思っていたが、関係者から聞こえてきたのは…

    【医療インバウンド10年の軌跡】第1回 制度誕生前夜

    ▲(一社)日本旅行業協会 国内・訪日旅行推進部 青木志郎副部長 旅行代理店大手の日本旅行に20年勤務。10年前から医療診断・治療目的で来日する外国人と日本の医療機関をつなぐ医療渡航支援業務に携わる。 …

    佐藤ともみ「一億総ハッピースマイル化計画」【Person】

    婚活に目覚め、結婚相談所に登録した。そこで出会った男性と初めて会った日に衝撃の告白を受けた。「食事代は6:4にしたいので、4割を振り込んでください」出会うことの難しさを、身に染みて感じた。 前途多難な婚活に対して、…

    【365】レンタカー屋の店長

    収納家具を見に行こうと、日曜の夕方レンタカーを借りた。 6時間コースを選び22時までに返すことを伝えると、同世代の店長が「とても助かる」と言う。 23時の閉店に合わせ、車が一気に戻ってくるというのが理由だ …

    記者の目(36)環境都市/ドイツ・フライブルクでの気づき

    省エネ住宅を特集したことが幸いし、ドイツ・フライブルク市を取材する機会に恵まれたのは5年前。 地域の集中暖房施設、熱を逃がさない家づくり、人口増減と連動した都市計画など、専門家の説明を聞きながら充実した5日間を過ご…

    望月 美麗 モデル出身MCは珍しい【Person】

    望月 美麗 モデル出身MCは珍しい 自動車関連企業が展示会に多く出展することもあり、レースクイーン出身のMCは結構多い。意外と少ないのがファッションモデル出身。その珍しさを見込まれた。「完成された人よりも新人を育て…
ページ上部へ戻る