カテゴリー:コラム&インタビュー

    ~SEKAI HOTEL~ 住民説明会を毎月開催

    ▲西九条で40年スナックを続けた野坂五夫さんは、SEKAI HOTELの開業でお店の継続を決めた ~SEKAI HOTEL~ 住民説明会を毎月開催 空き家を改修した地域密着型ホテル「SEKAI HOTEL」を、運営会…

    吉見 朋美 息抜きは競艇場で【Person】

    吉見 朋美さん 吉見 朋美 息抜きは競艇場で 定期的に通うボートレースが息抜きの場所だ。中でも福井県坂井市にあるボートレース三国は格別。「海も近いし温泉もあるし食べ物はおいしい」エンジンの爆音とともに、水しぶきが飛ん…

    第二回 今日の中国~朝食は外で素早くが中国流~

    第二回 今日の中国~朝食は外で素早くが中国流~ 中国人の朝は平均的に日本人より1時間くらい早いと感じます。理由の一つは、小中学校の始業が7時30分だからです(地域と季節によっての違いはありますが)。日本も同じだと思いま…

    【365】Amazonとは戦わない、小売業での挑戦

    「アマゾンなんかと戦わねえべさ」青森に31店舗ある生鮮食品店、マエダの前田恵三社長に、人口減少やネット通販とどう戦うのか尋ねた。 生鮮さえ扱うようになったネット通販は、地元スーパーの脅威だと思ったが「東京の人はみんなそ…

    記者の目(34)減り続ける研究費、世界共通の悩み

    研究費の削減は、世界の研究者共通の悩みらしい。 アメリカの大学で研究を続ける工学博士も、仕事の大半は予算獲得活動だとため息をついた。 アメリカでは大学教授に年間9カ月分の給与しか払われないという。3カ月は研究…

    【365】嵐の前の前夜?今、変化の予兆が見え隠れしている

    アメリカで有色人種の大統領が誕生し、小浜市で応援する会ができた。 後にヒトの歴史書がつくられたとしたら、ここから新しい章に変わるだろうと、能天気に光がさす時代の到来を感じていたあの頃から、間もなく10年が経つ。 その…

    記者の目(33)6000人下船が3時間!? 中国人観光客即決即買いの訳

    爆買いやインバウンド消費を我々にもたらした、大型クルーズ船でやってくる中国からの観光客だが、その旅程はなかなかの強行軍だ。 一つの港の停泊時間は6時間程度。食事をして買い物でもしたら、そろそろ帰船時刻が気になってしまう…

    ~SEKAI HOTEL~ 空き家活用、権限の委譲がコストを下げる

    ▲毎月開催される地域住民向けの説明会は布施でもおこなわれる 権限の委譲がコストを下げる 地方創生の手段として用いられることが多い、空き家活用による宿泊施設運営だが、他地域に横展開できる事業モデルはほとんどみられない。…

    齊藤 たかこ 少しでも海にいたいから【Person】

    ▲齊藤 たかこさん 齊藤 たかこ 少しでも海にいたいから 自転車にサーフィンボードを積み、自宅から浜辺に向かう。5年前、都内から神奈川県茅ヶ崎市に引っ越したのは海に近い場所にいたかったからだ。4月から11月まで、月に…

    国際プラスチックフェア、加工用機械が展示の9割~主催者に聞く~

    プラスチックに関わる産業の展示会で、3年に1度開催される。出展企業は、原材料、加工技術、加工用機械、リサイクルなどに大別され、加工用機械が全体の9割を占める。2017年は778社・2438小間が出展し、そのうち297社が…
ページ上部へ戻る