カテゴリー:コラム&インタビュー

    記者の目(44)ライフサイエンス産業への期待

    ライフサイエンス産業への期待を聞く機会が増えた。 万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」を耳にした時は、また言ってる、としか思わなかった。 誘致のロビー活動に当たった関西経済連合会の櫟真夏さんから「医薬…

    【365】野球観戦、そしてイチローの引退

    前に野球中継を見たのがいつか思い出せない。小学生時代は巨人戦を毎日見ていた。 その後パタリと見なくなったのは、放送がなくなったからではない。 原辰徳が打ったバットを宙に振り上げた頃を最後に、面白くなくなった。…

    記者の目(43)パーカーの似合わない男

    パーカーが似合わない。 168センチの身長か、頭と体のバランスか、締まりのない腰回りのせいか、恐らく全てに原因があるが、なんとも滑稽な姿になる。 ならば着なければ良いのだが、手に取って後悔するのを30年以上続…

    【医療インバウンド10年の軌跡】第8回 市場拡大のポイント

     医療インバウンドのこれまでを振り返ってきた連載の最後は、市場拡大に向けた課題についてです。青木氏は海外でのプロモーションが足りていないことを指摘しました。継続的なプロモーションを行えば、中国、ロシア、ベトナムなどの地域…

    イベントとウェブの組み合わせで潜在客を顧客に変える【トップに聞く2020年後の仕事】

    トップに聞く2020年後の仕事-③  シャノン(東京都港区)という会社について、イベント主催者向けの業務支援システムメーカーとして認識する関係者は多いだろう。だが、売り上げの65%を占めるのはマーケティングオートメーシ…

    渡辺 順子 MCは職人技の極致 職人仕事に憧れて【Person】

    渡辺 順子(twitterはこちらをクリック)  5歳でファッションデザイナーになることを志した。ファッション系の専門学校を卒業後、都内の企業に就職し無事に夢を果たした。だが、3年後、彼女は会社を辞める。MCの…

    第八回 今日の中国〜高速鉄道が春節を変えた〜

    ▲厦門一の観光スポット中山路は春節中も大にぎわいでした  新年快楽! 中国語で「明けましておめでとうございます」という意味です。掲載が遅れたわけではありません。日本の元日にあたる春節が2月5日なので、2月は旧正…

    大阪・関西万博への参加国は産業界との交流に期待している【2025大阪・関西万博ウォッチ】

     (公社)関西経済連合会の櫟(いちのき)真夏常務理事は、2018年の109日間をパリで過ごした。万博開催国を決める際に、投票権を持つ博覧会国際事務局(BIE)の各国代表に対するロビー活動を行うためだ。誘致に成功した要因と…

    【365】組織トップの責任と苦悩

    清原和博さんが話すのを見た。薬物依存症の理解を深めるために開かれたイベントだ。 表情はこわばっていたが、声は穏やかで、依存症患者の家族や友人へメッセージを求められたときの答えが印象的だった。 「薬物を使うため…

    記者の目(42)海外バイヤーを招致したい展示会にとって良い状況

    厳しい小売業にあって好業績が続いていたドラッグストア各社が、第3四半期決算で減益に転じた。 要因の一つとされるのが、中国で1月から施行された輸入品のインターネット通販を規制する法律だ。 日本で爆買いした商品を…
ページ上部へ戻る