カテゴリー:インバウンド

    【全国DMO巡りvol.15】(一社)アントラーズホームタウンDMO 海外からスポーツキャンプを誘致

    ▲100面以上のサッカーグランドを有する国内有数の合宿地。今年度はタジキスタン、スリランカ、東ティモールなどの代表チームが合宿を行い、7月には鹿島アントラーズと共催でスタジアムキャンプも実施した。 海外からスポーツキャ…

    【医療インバウンド10年の軌跡】第3回 健康診断で日本へ

    中国の富裕層向けに仕掛けたPET検診 北京駐在時代、アンチエイジングの治療でスイスに富裕層を送る中国の旅行会社を見ていた青木氏は、大阪のPET検診センターから持ち込まれた海外富裕層の送客ツアーに、可能性を見出す。両者を…

    インバウンド関連受注は2020年以降も継続【トップに聞く2020年後の仕事】

    トップに聞く2020年後の仕事-① 2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催まで20カ月をきった。施設やインフラ関連工事の真っ只中にあるものの、オリンピック後に向けた準備が気になリはじめたイベント業界関係者は…

    大阪万博 来場者想定は2800万人

    ▲「夢洲次世代まちづくりEXPO」の説明会には300人が集まった。 来場者想定は2800万人 2025年に開催が決まった大阪万博の承知案では、来場者数を2800万人と見込んでいる。15年に開催された直近のミラノ万博、…

    SEMICON Japan 半導体製造用の装置を探す来場者の姿が目立つ

    ▲工場の自動化に感心の高い中国人来場者が訪れた大宮工業のブース 半導体製造用の装置メーカー 活況 半導体業界の展示会「SEMICON Japan」では、半導体製造用の装置を探す来場者の姿が目立った。半導体の生産地が韓…

    【医療インバウンド10年の軌跡】第2回 政府方針に組み込まれる

    インバウンドの新しい切り口として登場 政府の成長戦略に「医療インバウンド」が登場したのが2010年。海外の富裕層が大挙して日本にやって来るイメージが先行し、全国の自治体や医療関係者が一斉に動き始めた。小泉政権で始まった…

    【全国DMO巡りvol.14】 (一社)DMOやつしろ インバウンド対応 住民参加呼びかける

    ▲八代海に面する八代城とその城下町は、古くから交通の要所として栄えた。この地の町衆の祭りとして培われてきた「八代妙見祭」は九周三大祭りの一つで、一昨年、ユネスコ無形文化遺産にも登録された(写真は八代市・森口昭十四氏撮影)…

    コムエクスポジアムジャパン ad:tech~主催者に聞く~

    ▲コムエクスポジアムジャパンでad:techを担当する中澤圭介さんと古市優子さん 10万円の聴講チケットが完売 広告関係者を対象にした講演と展示会のイベント「ad:tech(アドテック)」を主催するのは、フランスに本…

    2025大阪万博 開催決定

    ▲(左から)大阪開催決定の瞬間にてを取り合う世耕経済産業大臣、榊原前経団連会長、松井大阪府知事、松本関西経済連合会会長ら。 国、府、市、民間の共管組織が運営 2025年に大阪での開催が決まった万国博覧会(万博)は、今…

    【全国DMO巡りvol.13】(一社)東大阪ツーリズム振興機構

    「花園」有するラグビーの聖地 法人名:(一社)東大阪ツーリズム振興機構 設立年:2016年10月 所在地:大阪府東大阪市荒本北1-4-1 クリエイション・コア東大阪南館 参加県・企業:東大阪市、東大阪商工…

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る