記者の目(28)感じたままの反応で、商品は評価される

数値化できない話は経済紙にそぐわないと、長い間思ってきた。

美容や食品の世界で商売の成否を決めるのは、結局のところ美しさや味だ。

これらは感覚に訴えるものだからこそ数値化が難しい。

意図したわけではないが、今号は感覚に訴える産業のオンパレードとなった。

海外市場に出ることは、歴史を共有しない相手に商売をするということだ。

見たまま、触ったまま、感じたままの反応で、商品は評価される。「だって奇麗だもん」「だって美味しいもん」そういうものがうまくいくのだろう。


コラム【記者の目】はこちら


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎
2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る