▲霧のスクリーンなので、触ることもできる

霧に映像を映し出すスクリーン

星光技研(長野県長野市)のミストスクリーンは、超音波で発生させた霧を風力で吹き上げ、そこに映像を投影する装置だ。

スクリーンがなくても映像を映し出せるため、展示会や舞台演出での利用を見込む。

長野工業高等専門学校からの映像を投影できるミスト発生装置を作りたいという申し出が開発のきっかけだ。


おすすめ記事はこちら

六本木アートナイト2018 一夜限りの非日常【見つけた!こんなイベント】(5/26、27)

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る