運輸・交通システムEXPO
5月23~25日@東京ビッグサイト

日本イージェイケイ(東京都港区)が主催する「ワイヤレスジャパン/ワイヤレスIoT EXPO」など、無線技術を集めた展示会との同時開催だ。

無線技術を必須とする交通システムやドローンの展示会が加わった。

近年、運輸・交通業界向けサービスを開発したIT企業の出展が増えており、「4展の親和性が増してきている」と主催者は話している。

運輸・交通システムEXPOどうだったの??
出展者に聞く『今回どうだった?』
▼▼▼▼▼

ナビタイムジャパン(東京都港区) 企画・営業2部
物流系サービスを展示。2回目の出展。2年に一度の「国際物流総合展」にも出る。結果は「ジャパントラックショー」(5/10~12@パシフィコ横浜)よりは良い。


システム計画研究所/ISP(東京都渋谷区)
ドライバーのながらスマホを検出できるAIを展示。3回目の出展。「画像センシング展」「Inter BEE」「スマートファクトリー」や、医療系の商材で「医療ITソリューション」にも出展。運送業者との出会いに期待して出たが、反応が良く満足。どの展示会に出るのかよりも、何を展示するのかが大事。


リアライズコーポレーション(東京都港区) コンサルティング事業部
トラックファンドを開発。投資家を集めてトラックを購入し、運送会社に低額でリースする事業。反応はあるが、運送系の人が少ない印象。ドローンやワイヤレスの方が多く話はできていない。来年は「ジャパントラックショー」に出たい。


モバイルクリエイト(東京都港区) 営業部
業務用無線・配車システムなど展示。去年の反響が良かったので出展。ここは専門性よりも幅広い人が集まる。来場者はまあまあだが、昨年の方がよかった印象。「バス車両と運行システム展」にはバス業界関係者が多く来場。展示会は、終わってから一年くらいしないと成果をはかれない。


ドラEVER(埼玉県さいたま市) 事業推進部
ドライバー求人サイト。初出展。「ジャパントラックショー」の方が、運送会社が多く来場者層はよかった。今回はシステム関係者の来場が多い。

矢崎エナジーシステム(静岡県島田市) 小竹 健太郎氏
ドライブレコーダーなど。5年連続出展。「ジャパントラックショー」「東京モーターショー」「人とくるまのテクノロジー展」にも出ているが、今回が一番良い。トラックショーは運送業界の人ばかり、モーターショーは大きくて商売と関係ない人が大半。


城山(東京都品川区) システム担当
運行管理システムなど。4回目の出展。(同時開催の)「ワイヤレスジャパン」が中心で運輸・交通システムEXPOに流れてくる人が少ない印象。「イベント総合EXPO」や「オフィスセキュリティEXPO」にも出ている。


YURUSOR(長野県下伊那郡) 営業
荷物を固定するベルトの新商品を展示。5回目の出展。「ジャパントラックショー」や、運輸関連の小さい展示会にも出す。運送会社との接点を求めて出展したが今回は反応が良い。


物流系のおすすめ記事はこちら

「物流会社がなんでお茶?」【イケテルノベルティ】


関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る