▲有機農業阪東食品は海外展示会で毎回新しい顧客をつかむ

英文・中文入りのパンフレットを持参

有機農業阪東食品(徳島県勝浦郡)の阪東高英代表が、海外の展示会に出展するときは1人か2人で現地に行く。飛行機代、宿代、その他諸経費で1人あたり15万~60万円の費用がかかるため、大人数で行くのは難しい。そのため、なんでも1人でこなさなければならない。

初めて出展したころは、言葉の壁に悩んだ。とにかく、コミュニケーションが取れない。今は、英文と中文入りのパンフレットや英文の規格書を作成して、商談に備えているという。

物流面では、阪東代表がもっともこだわる『果汁の冷蔵での輸出』ができないことで苦労した。現在はパートナー企業を見つけたため、輸出できる国が増えた。


食品関連の記事はこちら

【カルビー】飲料・菓子 伸びる海外販売 海外売り上げ比率30%目指す

食品メーカー 海外市場狙いうち


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎
2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る