▲塚本洋貴さん(32)は中国に8年間住んでいた経験から、中国製品を日本に売るサポートをする

Shezhen Kantou IM Technology(中国)
@JAPAN IT WEEK 春

ウェブで苦戦、展示会で挽回か

欧米をはじめ世界各国からスマホ向けの保護フィルムをOEM受注する。だが、日本ではOEMとして割って入る余地がないため、自社製品を開発しメーカーとして進出した。耐久度の高い「ゴリラガラス」と同等の強度を持つ保護フィルムを日本製の半分以下である1000円で販売する。

日本で知名度が無いためamazonに出展したが、1日2、3枚しか売れない。競合は枚を売っている。

起死回生を狙い、今回は創業10年で初の展示会出展を決めた。「家電量販店とつながる企業の担当者と話し込むことができ、手ごたえを感じている」(塚本洋貴さん)


特集【日本で何狙う?】へ!

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る