▲ソフト導入後の教室がイメージしやすいブース

授業での採用を目指す

設計図を簡単に作ることができるソフト「caDIY3D(キャディースリーディー)」を展示した日本マイクロシステム(鳥取県米子市)は、「教育ITソリューションEXPO」で、木造の壁紙を一面に張り巡らせて、中学校の技術教室をイメージしたブースを作った。技術家庭の授業で導入されることを目指したからだ。出展の意図やコンセプトを伝えることを重視した。ブースで用いた椅子も、本社の鳥取で自作したものをPCなどの備品と共に、ヤマト運輸のチャーター便で送った。ブース施工費は約50万円。施工会社はビジネス・アート(東京都江戸川区)だ。

もともとDIY向けに開発されたソフトは8000円で売り出され、これまでに2000本が売れた。CADだと30分かかるような棚の設計図が、「caDIY3D」ならば1分でできる。あらかじめ資材が登録されており、それを画面上で組み合わせるだけなので、初心者でも簡単に使いこなせる。

日本マイクロシステム
(鳥取県米子市)
尾見賢司さん(47)

PCでイメージするものを組み上げると、自動で寸法が表示される。あとは材料を購入してつくるだけだ。「CADで設計すると大変なので、それで達成感があるのか実際につくらないケースも多い。弊社では作る過程を楽しんでほしいと考え、設計を可能な限り楽にした」(開発部責任者尾見賢司さん)


おすすめ記事

特集【集まるブース】はこちら!!

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る