【全国DMO巡りvol.5】(一財)丘のまちびえい活性化協会 観光業と農業の良好な関係作り

▲美瑛川のほとりにできた「青い池」は、アップル社のOSで壁紙に採用され、美瑛の名を世界に知らしめた

【全国DMO巡りvol.1】ファンドを武器にした開発力 せとうちDMO
【全国DMO巡りvol.2】八ケ岳ツーリズムマネジメント 観光地の人間を育てる教育
【全国DMO巡りvol.3】そらの郷 10年で25倍増えた外国人観光客
【全国DMO巡りvol.4】まちづくり小浜「おばま観光局」 宿泊者数の拡大、道のり険しく

(一財)丘のまちびえい活性化協会

法人名:(一財)丘のまちびえい活性化協会
設立年:2012年10月
所在地:北海道上川郡美瑛町本町1-5-8
参加自治体・企業:美瑛町美瑛町農業協同組合(JAびえい)美瑛町商工会美瑛町観光協会美瑛物産公社、美瑛町建設業協会、美瑛町森林組合
年間延べ宿泊者数:国内19万人/海外4万人(2017年)
FB:https://www.facebook.com/biei.biyell/

▲通過型観光地から滞在型観光地へ。観光客の滞在期間を増やすための取り組みの一環として夏に集中しがちな観光客に通年訪れてもらうための滞在型プログラム。雪で真っ白な丘の上を歩く「スノーシュー」

 

▲美瑛の観光資源である農業の景観を維持していくために農業者と観光事業者が連携していく必要がある。観光マナーの啓蒙のため立ち入り防止の立て札を立てている

美瑛川のほとりにある「青い池」が、2012年、アップル社が提供するMacOSの壁紙に採用され、世界から注目を集めるようになった。以来、人口1万人の美瑛町に、台湾、香港、中国、韓国を中心に年間160万~170万人の外国人観光客が訪れる。
だが、課題は多い。
第1に、経済的恩恵を地域が得ていない。宿泊客は年間4万人程度で、これを増やすことが喫緊の課題だ。夏場以外の観光客が少なく宿泊施設の稼働率は年間を通すとまばらだ。
第2に、急増した観光客が農地に立ち入ることによる、農業被害が甚大だ。観光客のマナーの悪さに閉口した農家が、観光名所の木を切り倒す事態に発展した。
(一財)丘のまちびえい活性化協会が、年間を通じて観光客を集めるために始めたのが、ガイドをつけて畑を歩く「フットバス」や、農作業を体験する「グリーンツーリズム」、雪で真っ白な丘の上を歩く「スノーシュー」など滞在型プログラムの充実だ。

農業保護では、4カ国語表記の注意看板を立て、ロープを張り、観光パトロールを巡回させて注意を喚起する。農業被害に対して、これまで行政は積極的ではなかった。農家の私有地で、特定の畑に公費を使うと公平性に欠けるという考えからだ。行政ではないDMOの立場を生かし、マナー啓蒙(けいもう)活動を強化することを目指す。

◀(一財)丘のまちびえい活性化協会泉 剛生事業係長
地域をマネジメントすることは、DMOの本来の理念です。農業と観光が共存できる「観光まちづくり」を実現するためには、農業と観光の心地よい関係をつくることが重要です。DMOで生み出した利益を、畑を守るための環境整備や観光マナーの啓蒙(けいもう)活動に充てられれば、美瑛のDMOとして存在する意義が高まると思っています。
美瑛町丘のまち交流館「ビ・エール」のFacebookはこちら
公式HPはこちら

DMOとは?

日本版DMOは、地域の「稼ぐ力」を引き出すとともに地域への誇りと愛着を醸成する「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりの舵取り役として、多様な関係者と協同しながら、明確なコンセプトに基づいた観光地域づくりを実現するための戦略を策定するとともに、戦略を着実に実施するための調整機能を備えた法人です。
このため、日本版DMOが必ず実施する基礎的な役割・機能(観光地域マーケティング・マネジメント)としては、
(1) 日本版DMOを中心として観光地域づくりを行うことについての多様な関係者の合意形成
(2) 各種データ等の継続的な収集・分析、データに基づく明確なコンセプトに基づいた戦略(ブランディング)の策定、KPIの設定・PDCAサイクルの確立
(3) 関係者が実施する観光関連事業と戦略の整合性に関する調整・仕組み作り、プロモーション
が挙げられます。
また、地域の官民の関係者との効果的な役割分担をした上で、例えば、着地型旅行商品の造成・販売やランドオペレーター業務の実施など地域の実情に応じて、日本版DMOが観光地域づくりの一主体として個別事業を実施することも考えられます。

引用元 国土交通省観光庁


特集【全国DMO巡り】すべてを見るにはこちらから

【全国DMO巡りvol.4】まちづくり小浜「おばま観光局」 宿泊者数の拡大、道のり険しく


 

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る