▲エレファンテック(東京都中央区)清水信哉社長

エレファンテック【海外展示会挑戦記】

プリント基板の製造技術を開発するエレファンテック(東京都中央区)の看板商品は、薄くて曲げることができる基板「P―Flex」。初の海外進出として選んだのは、昨年4月の「香港エレクトロニクス・フェア(春)」だ。日本よりも中国の方が市場が大きいため、2014年の創業当初から中国展開を狙っていたが、ようやく人員体制が整い、念願の中国進出が叶った。

出展の目的は、P―Flexが中国で通用するのか確かめることだったが、手応えは十分に得られた。商品を手に取った10社以上の担当者から、取引を希望する反応を得ることができた。もう一つの収穫は、競合が100社以上いることがわかったことだ。日本ではせいぜい10社程度だった。自分たちが戦うステージを自身で確認することができた。

「製造業は日本より中国が進んでいるとわかってはいたが、実際に目で見て話をして、改めてそのことを確信しました」(清水信哉社長)


特集【海外展示会挑戦記】はこちら!

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る