展示会での高価な買い物でスクエア利用が広がっている

ジュエリー工房somon(神奈川県横浜市)の高橋紀之さんは、SNSやWEBサイトで自作のジュエリーを販売する。展示会は重要な営業の場だ。5万円、10万円を超えるジュエリーがその場で売れることも珍しくないからだ。

そんなとき重要な販売ツールとなるのが、スマートフォン用カード決済サービスのスクエアだ。スマホにカードリーダーを差し込むだけで、どこでもカード決済ができる。2万円を超える商品を購入する顧客の半数以上はスクエアで決済するそうだ。


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る