イスラエル政府機関@JAPAN IT WEEK【日本で何狙う?】

IoT機器のセキュリティ

イスラエル政府機関がイスラエル国内のITセキュリティー企業14社を連れて出展。数年前から連続出展している。

これまで通信機能を持たなかった機械のためのセキュリティサービスを開発する企業が中心だ。

事前に大使館から日本のメーカーにメルマガを配信して来場を呼び掛けたところ、自動車、自動車部品、医療機器メーカーから商品を名指しで来場する人が多かった。

IoTとは?
「IoT」とは「Internet of Things」の頭文字を取った単語です。日本語では一般的に「モノのインターネット」と呼ばれています。IoTを簡単に説明すると、「身の周りのあらゆるモノがインターネットにつながる」仕組みのことです。
出展:INTERNET ACADEMY

▼こんなところに使われているIoT▼

☆バスが何分後に来るか知ることができる
☆エアコンやドアの施錠を外出先からスマホアプリで操作できる
☆自宅で医師の診療が受けられる遠隔医療サービス
☆農作物に自動で散水するサービス


IoT関連記事はこちら

CEBIT、6月に開催 日本企業21社が出展

IoTセンサー開発 活況 「変幻自在に曲がる、伸びる」


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎
2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る