まるでたこ焼き屋!?不二空機 溶接実演コーナーを設置

▲「たこ焼き屋のような雰囲気を出したかった」という実演コーナー

実演コーナーを設置 入りやすさを演出

不二空機(大阪市)は、溶接・接合技術の展示会ウエルディングショーで、レンチやドリル、エアツールなどの産業用工具を展示した。コーポレートカラーのオレンジと白を基調とし、内容が伝わりやすいようシンプルにした。また、機械工業の無骨なイメージを拭い去ろうと、造作に曲面を用いて柔らかい雰囲気を演出した。

ブース位置が角に面したことから、導線を斜にとり、実演コーナーを設置して入りやすさを意識した。「たこ焼き屋のような雰囲気を出したかった」(田中太郎マネージャー)

ブース制作を担当した凸版印刷(東京都千代田区)は、コンペにより選出した。過去にも依頼したことはあるが、コンペによってブース制作費が抑えられ、クオリティも上がったと大きなメリットを感じている。制作費は非公表。


▼溶接関係、入りやすいブースが気になるあなたへ▼

溶接機械の展示会 海外から4000人超

【展示の達人】無駄な枠を取り外せ

特集【集まるブース】はこちら!!

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る