▲3日間で19万3910人が来場した

幕張・23回目の開催 4800社が出店するフリマ

ピーアーク presents 幕張メッセ〝どきどき〟フリーマーケット2018」(主催・幕張メッセ、ベイエフエム)は、1997年に始まった日本最大級のフリーマーケットだ。今年23回目の開催でゴールデンウィークの恒例行事として、幕張周辺では定着している。

出店者は日替わりで、1日1600店、合計4817店になる。商品を積んだ車をそのまま売り場にできる「車出店」が2490店、持ち込んだ商品を区画の中に広げる「手持ち出店」が975店、職人や芸術家がアート作品を販売する「手作りアートマーケット」が917店、物販企業や飲食系ブースなどの「テーマ出店」が435店だ。

飲食ブースでは、肉、魚介、どんぶり、ラーメン、カレー、スイーツなどを全国から集めた「全国うまいもん物産市」「幕張うまいもん祭り」「ぎゅうぎゅう祭り」が開催された。最終日は、CHEMISTRYTRFPrizmaXTHE RAMPAGE from EXILETRIBEなどのアーティストが、ライブを行った。3日間の来場者は19万3910人だった。


おすすめ記事

【日本ホビーショー】フラワー業界から10社初出展

品名変えてグランプリ「八戸サバトロづけ丼」

地域の食と祭りをPRふるさと祭り東京、10回目開催

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る