【365】世の中まったく捨てたもんじゃない

丸々と太ったクラスメートは、毎晩繁華街に出ては夕刊を売り、夕飯替わりのたこ焼きを食べていた。

宮本輝が小学生時代を振り返った短編作品「夕刊とたこ焼き」の風景が、最近はまるで懐かしく思えない。

自宅近くのラーメン店に掛かった「こども食堂、やってます」の看板を見るたびに、思わず短く息を吐く。

連休の終わりに新聞を広げたら、鉄板を前に満面の笑みを浮かべる人の大写しが現れた。

前掛けまでした岸田文雄政調会長の姿からは、違和感以外、何も感じなかった。

首相を目指すなら、もう少しまともな広報をつけたほうがよさそうだ。

夕刊を売る力もあったクラスメートは寂しさなど感じさせなかったが、今なら、夕食に加え、話も聞いてくれる場所があると伝えたい。

為政者と庶民を結ぶ糸は細くなっても、世の中まったく捨てたもんじゃない。

良くなっていることもたくさんあるのだ。


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎
2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る