高齢者用の箸「愛bow」 外国人に人気~今月の風景~

高齢者用の箸 外国人に人気~今月の風景~

「愛bow」は高齢者や手に障害がある握力が弱い人でも、少ない力で握れるように作られた箸だ。これが、かっぱ橋道具街で外国人客に受けている。

ホオノキを削った箸に2つの磁石が付いており、磁力でバネのように箸先が開く。重さは卵1個と同じ35グラム。トングのように使えることが、箸に慣れない外国人の評判となった。右利き用、左利き用があり、1個1万4600円(税別)となかなかのお値段。

製作者は「箸factory 宮bow」(福井県)店主の宮保克行氏だ。


特集「今月の風景」はこちら!


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎
2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る