【集まるブース】タカギ産業 桜で日本文化をアピール

▲大きな桜が目を引いたタカギ産業

狙いは外国人来場者

中食・外食産業の展示会「ファベックス」でも増加する外国人来場者に向けたブースを作って出展したのは業務用の食品容器を製造するタカギ産業(大阪府堺市)だ。

日本文化の魅力を伝えようと桜を用意し、花弁が映えるように背景は黒いパネルを用意した。桜は造花と生花を組み合わせた。「過去には庭園風にしてみたり、茶の間をイメージしたこともある」(橋本領次長)

ブース施工費は6小間で400万円。制作会社はジールアソシエイツ(東京都中央区)だ。


特集【集まるブース】はこちら!!

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る