バックストリート ブース制作費の内訳を会場で公開【集まるブース】

▲2小間スペースの中にステージを作り、歌手やダンサーによるパフォーマンスを行った

2小間の総制作費は298.5万円

ブース施工を行う広告制作会社バックストリート(東京都渋谷区)が、「コンテンツ東京」(4月3~5日、@東京ビッグサイト)に出展し、自社ブースの制作費用を明らかにした。今回は2小間で出展し、通路に面した3分の1ほどにステージをつくり、歌手やダンサーによるパフォーマンスを1日3回行った。公開された総制作費は298万5000円だ。

内訳は、デザイン費30万円、ディレクション費20万円、木工造作費75万円、床面造作費14万3000円、ふすま出力と表具職人の人件費26万円、サイン制作・出力費35万円、什器のレンタル・リース費3万6000円、照明・電気工事関連費28万9000円、レーザーカット用作図費3万8000円、3Dパース作成費6万円、材料費1万8000円、施工人件費24万6000円、資材運搬費12万円、廃材処理費5万5000円、他、施工諸経費12万円となる。

バックストリート
(東京都渋谷区)
小笠原希社長

出展の目的は、企業の宣伝部や商品開発部に対するアピールだ。広告代理店から受ける仕事が中心だったが、5年ほど前から企業から直接依頼が来る機会が増えた。コンテンツ東京への出展は今回が3回目だ。

展示会のブース作りでは、来場者が一息つける空間を意識するという。「歩き疲れる展示会会場では『腰を下ろそうかな』『少し眺めたいな』と思わせれば足を止めることができる」(小笠原希社長)

「コンテンツ東京」の会場では音楽・映像・イベント・WEB・グラフィックなど社内で提供できるサービスなどをPRした。

 


おすすめ記事

特集【集まるブース】はこちら!!

 

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る