▲日本の展示会で台湾貿易センターのブースを担当するチン・イテイさん

台湾貿易センター 月2回日本の展示会に出展

台湾貿易センターは、日本のJETROに当たる、台湾の対外貿易促進を目的に台湾政府と業界団体が設立した団体だ。日本事務所は毎月2回のペースで日本の展示会に出展し、台湾の展示会をPRする。進出を本格的に検討する企業に対しては、台湾の企業訪問の手配も無料で行う。台湾貿易センターが主催する国際見本市も年間30本程度ある。

日台の展示会を比べると、日本の方が国際色豊かで、台湾では国内中小企業の出展が多い。日本の展示会で台湾貿易センターのブースを担当するチン・イテイさんは「来場者は海外から来る人も多く、OEM生産を安価に依頼できる工場を探す場合が多い」と話す。


おすすめ記事

アジアで加熱する日本食産業

台湾で食品見本市が開催 和牛輸出が解禁、関心高まる

独「プロワイン」に日本企業25社と初出展 日本酒ブームから独自カテゴリ新設

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る