▲手帳型に縫製した手ぬぐいにカラフルなスタンプを押印する

手ぬぐいでスタンプラリー

京都市右京区内で宗派の異なる3つの寺が、ご朱印を使ったスタンプラリーを始めた。手ぬぐいをご朱印帳に見立てた「京都・三寺龍巡り開運手ぬぐいスタンプ帳」を、3月末から1500円で販売を開始した。参加するのは仁和寺龍安寺妙心寺(花園会館)と、日本茶カフェ「たつどう」。

企画したのは地元の母親たちによる子育て支援組織、NPO法人みのりのもり劇場(京都市)だ。3つの寺に挟まれた龍安寺参道商店街に活気を取り戻すことを狙った。世界遺産や重要文化財として有名な寺には観光客が集まるが商店街は素通りされるばかりだった。「母親として地域の商店街には元気でいてほしい」とスタッフは話している。


おすすめ記事

エアビー、体験型民泊を拡大 「京都で茶摘み」楽しんで

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る