記者の目(23)何歳になっても新しいことを始めることはできる

松本清張が処女作「西郷札」を週刊朝日に載せたのは、42歳の時。終戦から6年、市民生活は貧困の只中、朝日新聞の広告部に勤めながら給料だけでは生活が厳しく、アルバイトをしながら書いた原稿だ。

時は過ぎて今月4日、東京ビッグサイトには、46歳にしてカバンつくりを始めた橋本総一朗がいた(関連記事「40万円のアルミ製カバン)

私財を投げ打ち、背水の陣で臨んだ彼の挑戦も始まったばかりだ。

何歳になっても新しいことを始めることはできる。

人生100年時代、可能性だけは広がり続けているのだから。

コラム【記者の目】はこちら


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎
2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

  1. ▲ラスベガスに本社を置くMGMリゾーツの日本法人CEOのエド・バワーズ氏は、「日本人の考え方と合わないIRが政府に承認されることはない」と考える

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る