▲22、23日のビジネスデイには65社が出展した

【アニメジャパン】ネットフリックスも出展

AnimeJapan(アニメジャパン)」が3月22~25日、東京ビッグサイトで開催された。22、23日はビジネスデイ、23、24日はパブリックデイとして行われた。ビジネスエリアに出展したのが65社で、メインエリアには162社が出展、総来場者数は前年比5%増となる15万2331名だった。

コスプレファンが集まる「コスプレイヤーズワールド」や来場者同士がグッズを交換する「トレーディングエリア」おそ松さん銀魂など人気アニメとのコラボフードが楽しめる「フードパーク」、アニメ好きの子供を対象とした「ファミリーアニメフェスタ」などのイベントが開催された。

ビジネスエリアではテレビ局やアニメ制作会社が海外出展者などと商談する姿が見られた。ネット映像配信のネットフリックス(東京都港区)は、は4200万枚のDVDを保有し、世界1600万人の顧客に映像コンテンツを提供する自社の事業をアピールした。中国で、デジタル書籍市場の半分を担う閲文集団グループは、人気の中国アニメを紹介した。マーベラス(東京都品川区)は、アニメ「東京喰種:re」「HUGっと!プリキュア」や、ゲーム「千銃士」舞台作品をPRした。


おすすめ記事

日本のアニメ、東南アジアでブレイク

ゲーム、アニメ、映画…コンテンツ産業で産業振興へ

地方自治体の思惑 地方が狙う「アニメで町おこし」

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る