国際見本市連盟会議 19年ビッグサイトに決定 日本での開催は初

▲3月にクアラルンプールで開かれた会議の様子

国際見本市連盟会議 19年ビッグサイトに決定 日本での開催は初

東京ビッグサイト(東京都江東区)は、2019年3月14~15日に、世界各国の展示会関係者が参加する国際会議を開催することを発表した。国際見本市連盟(UFI)のアジア太平洋会議で、国内外の展示会関係者など約300名が参加する見込みとなっている。

UFIは世界87カ国754社の展示会主催者・会場などが加盟している組織だ。今年3月1~2日にはマレーシアのクアラルンプールで同会議が開かれており、日本での開催は初となるという。

会議ではアジア太平洋地域における展示会産業の課題や最新の市場動向について意見交換などが行われる予定となっており、世界各国に日本の展示会産業の豊かさをアピールする機会にもなる。


おすすめ記事

【愛知県】GL events社と協定締結 大村知事が訪仏展示会を視察

国際会議開催件数、中国に並ばれる

世界の会議運営会社、東京へ


p1050331 国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平
2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る