1小間出展で施工40万円 GYM「費用を抑えて出展回数高める」

▲1小間でスペースは狭いが、赤と緑を基調としたデザインで人目を引く

1小間出展で施工40万円 GYM「費用を抑えて出展回数高める」

「プレゼンテーションの時間が取れないほど多くの来場者が来た」と語るのは、ウェブや紙面デザインを手掛けるGYM(東京都千代田区)の久保木肇社長だ。わずか1小間の出展ながら、多くの来場者が足を運んだ。

久保木社長が就任した4年前から展示会には年数回の頻度で出展するようになった。小間数は決まって1小間で、ブースのデザインは自社で決める。そのため、ブースにかかる費用は施工費用のみで40万円程度だという。

集客のポイントは、来場者の目に付きやすい角小間を押さえることと、通路に沿う二面から顧客が入れるように二つの入り口を作ったことだ。ブース内には資料設置用の小さな机以外は置かないようにした。


おすすめ記事

【集まるブース】優勝軒、高さ制限ギリギリの大型看板

海外展示会のブースデザイン3割超【フェアコンセプトインターナショナル】


p1050331 国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平
2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る