▲レポーターの大坪沙耶さんが広滝第一発電所をガイドしてくれる

サガテレビ県内の名所、360度楽しんで

サガテレビ(佐賀市)がVRシステム開発会社のジョリーグッド(東京都中央区)と共同で、観光客に向けて県内のエンターテインメントや観光地、工場見学の様子などをVRコンテンツ化して配信する。県内の魅力を国内外に発信し、観光客の誘致につなげる狙いがある。

24~25日にはサガテレビが主催の「春フェス」で同サービスを無料で体験できるブースを設けてPRした。

サービス第一弾として、県内でもっとも古い水力発電所「広滝第一発電所」のツアー体験を提供する。同施設は明治時代に建てられたレンガ造りの施設で、今も稼働中。レポーターの大坪紗耶さんが施設を巡り、普段は見ることができない水圧間や発電所の内部などを見て回る。

ほかにも、佐賀の伝統工芸品である「肥前びーどろ」づくりの現場を体験できるコンテンツや、三瀬高原にある観光スポット「どんぐり村」で動物とのふれあい体験を視聴できるコンテンツなどを提供する。

サービス名は「VR SAGA」。コンテンツ制作にはサガテレビの映像制作技術がふんだんに盛り込まれており、高画質で県内の観光スポットを体感することができるという。


おすすめ記事

テーマパークEXPO VR使った遊具に人だかり

「戦艦大和」をVRで体験 ~今月の風景~

患者の内臓 VRでチェック


p1050331 国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平
2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る