▲高さ制限の6メートルいっぱいまで立てた柱に商品を展示した

柱は高く敷地も広く 来場者3割増加

「どこよりも高い柱を立てよう」。そんな思いから作られたのはインターナショナル・ギフト・ショーに出展した文房具・雑貨販売のカミオジャパン(大阪市)だ。高さ6mの柱を立て、梁(はり)を渡し、レインウェア、傘、ランチボックスなどの商材を展示した。

ギフト・ショーには毎年出展しているが、前回、隣のブースが高さ規制いっぱいの6mまで作り込まれていたことから、3m程度だったカミオのブースは埋没してしまった。その反省からブースデザインを担当するインターデザイン(大阪市)にできるだけ高いブースを発注した。それに合わせて、敷地も拡大し8小間にした。結果的に、ブース来場者は前年から3割増えた。

初出展の際はブースが3小間だったが、以降6小間にしたところ来場者が6割程度増加したことから、展示ブースに力を入れることの意味を実感した。昨年、隣のブースに埋没した苦い経験から、ブースの高さを今回は6mの梁を使用するデザインにするとともに、8小間まで小間数を広げた。この結果自社ブースは大いに目立ち、前年よりも来場者が3割増となった。

打ち合わせは昨年9月の秋のギフト・ショーが終了した直後から始まった。前回の反省点を洗い出し、半年間かけてやり取りを重ねた。「知り合いのブースと似ていたが、当社の方が広くデザイン料は安価だった。費用は抑えてもらっている」(上野学部長)


おすすめ記事

19万人のバイヤー集まる【東京インターナショナルギフト・ショー】

「ギフト・ショー春」 閉幕3356社が出展

ギフト・ショー 総来場者数33万人


p1050331
国際イベントニュース 編集部 有馬 圭吾

2017年1月入社。全国賃貸住宅新聞でシェアハウス等を取材。18年1月から国際イベントニュースに異動。国内展示会と農業、食品、医療、健康分野のツーリズムを担当。

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る