▲2017年のSXSWでは神戸市など日本の自治体も出展していた

SXSW報告会をフジが主催

米テキサス州オースティンで9日に開幕した「サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)」の様子をまとめた報告会を、フジテレビ(東京都港区)が26~27日、都内で開催する。同社が運営するネット向けニュースメディアがSXSWの日本メディアとして初めて登壇することから、同イベントの国内認知度アップにつなげる。

SXSWは「音楽」「映画」、ITサービスなど「テクノロジー」の3つのカテゴリーで最新の技術や作品を発表するイベントだ。過去にはツイッターやAirbnbなどが参加していたことから、世界的新サービスの創出に関心を持つ企業や投資家など世界95カ国7万人以上が集まるといわれている。近年は日本の企業や官公庁の参加も相次いでおり、昨年開催時には1000人以上の日本人が参加していた。

フジテレビが開催する報告会ではSXSWに出展されたサービスなどに触れることができる体験ブースなども設置される予定だという。


おすすめ記事

パナソニック APECにパワーデバイス製品出品

自治体の複合イベント活況

SXSW拡大の秘訣語る


p1050331 国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平
2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る