ストップ少子化 婚活パーティ 自治体が「恋のキューピッド」に

▲「高知で恋しよ!!」サイト

ストップ少子化 婚活パーティ 自治体が「恋のキューピッド」に

3日、高知市にあるカフェ「チャップリン」で婚活パーティが開催された。参加したのは高知県内に住む男女。参加のきっかけとなったのは、高知県の少子対策課が運営する婚活マッチングサイト高知で恋しよ!!だ。マッチングサービスやイベントの紹介を行っている。

県が同サイトの運用を開始したのは2016年1月、少子化の進行と県外への人口流出を食い止めるため、結婚を促進しようと考えたという。

サイトに登録すると、異性会員のプロフィールを閲覧でき、引き合わせの申し込みができるようになる。また、県や同サイトが主催する婚活イベント情報も配信され、アドバイザーによる相談を受けることができる。登録対象は歳以上の独身の人で、県外在住でも可。会員料は1万円で、2年間有効。

サイトは口コミなどでじわじわと知名度を上げ、今では6000名が登録している。実際に出会いが成立した件数は731件にのぼっているという(17年12月31日現在)。


おすすめ記事

「地方創生EXPO」初開催

新生IME 2月28日に開催 地方自治体など約80社・団体が出展

地方自治体の思惑 地方が狙う「アニメで町おこし」


p1050331 国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平
2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る