▲ブースには物珍しさで来場者たちがやって来る

昭和電機 柏健の年間100回出展日記

第1回レンタルバイクの耐久レース

第2回「いいおじさん」が集まるレース

アマチュアライダーが集まる『レン耐』に、当社は年間30回以上出展します。アマチュアライダーの多くは「いいおじさん」たちです。かつてバイクを乗りまわし、ある程度余裕ができた人が集まります。ある程度の年齢に達している人が多く、企業の決定権者であることが多いのです。

当社は労働環境改善に関わる商品を多く提供しています。衣食住に関わる企業の方には、何かしら提案できる商材が有るのです。先日は塗装機材を扱う商社の方と知り合い、その商社が主催する展示会に出展できるようになり、販売にもつながりました。

サーキット会場で当社のことを知っている人はほとんどいません。ブースに集まるのもライダースーツ用の乾燥機を珍しがって来ていただいた人がほとんどです。具体的に販売に至るケースはあまりないのですが、来場者の職場で昭和電機製品を見たことがあるという人もいて「昭和電機の製品だったんだ」と愛着をもってもらうことはたくさんあります。

その時に「次も昭和電機を使うよ」と言っていただければ、十分に成果が上がったといえるのです。

昭和電機HPはこちら


おすすめ記事

タイだからつかめた大手との人脈 工業用送風機・集じん機メーカー 昭和電機

昭和電機 (大阪府大東市) 柏木健作社長(45)

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る