「地方創生EXPO」初開催

リードエグジビションジャパン(東京都新宿区)は21~23日、幕張メッセで地方創生EXPOを初開催した。観光の活性化に向けたPRやインバウンド対策など地方創生に関する課題を持つ自治体などに向けた展示会で、同時開催展含め展示会で660社が出展した。

全国の自治体のほか、金融機関などの来場も多かった。来場した東洋大学の井上博文教授は「大学として地域の連携を強めていく必要があると考えている。大学内に地域観光部門というのを設立する学校も少なくなく、大学にとっても地方創生は課題の一つとなっている」と話す。


おすすめ記事

8自治体が共同でスタートアップ支援

聖地巡礼、一攫千金は「待ちの姿勢」で【あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない】

記者の目(21)

↓国際イベントニュースの出店情報もこちら↓
【Facebook】
【Twitter】


p1050331 国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平
2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る