▲日本からの出展も多く、昨年は306社が参加した

香港宝飾展に日本企業多数参加

香港貿易発展局が2つの国際宝飾展を香港で開催する。1つは「香港インターナショナル・ダイヤモンド、ジェム&パール・ショー」で、28日から3月4日まで開催。会場はアジア・ワールドエキスポ。2つ目は「香港インターナショナル・ジュエリー・ショー」。会期は3月2~6日で、会場は香港コンベンション&エキシビションセンター。

昨年開催時には両展合わせて8万5215人が来場、4487社が出展した。近年は日本からの出展も盛んだ。昨年は宝石販売やアクセサリーメーカーなど計306社が出展し、中国国外からの出展としては最多となった。

香港貿易発展局の米岡哲志氏は「出展者・来場者ともに国際色豊かな展示会。世界的に見ても大規模な宝飾展としてはもっとも早い時期に開催されるため、その年のトレンドを見極める上で最適な展示会だと評価されている。日本の出展者が参加する海外の展示会の中では最も日本からの参加数が多いので、日本製品の安心や安全、安定感を世界のバイヤーにアピールできる機会となっている」と語る。


おすすめ記事

「4日で4000万円売り上げる」国際宝飾展 中小宝石メーカーの戦い

展示会狙う窃盗団逮捕

日本産種類、香港に商機


p1050331 国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平
2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る