昭和電機 柏健の年間100回出展日記

①レンタルバイクの耐久レース

昭和電機を経営する柏健(カシケン)こと柏木健作です。当社は年間100件以上のイベントに参加します。営業日に換算すると、2日に一度はどこかしらで当社の誰かがイベントに参加していることになります。目的は広報、営業、市場調査を兼ねたものですが、社外の人からすると遊んでいるように見えるかもしれません。もちろん、遊びではなく、売り上げを拡大するための大事な仕事です。ここでは、当社がどんなイベントに出て、何を行い、何を得たのかを紹介させていただきます。

さて、今回は、2月11日に筑波サーキットで行われた「レン耐」です。レンタルバイクで気軽に参加できる耐久レースなのですが、当社は、ヘルメットやライダースーツを短時間で乾燥させる無料サービスコーナーを提供しました。風力をつくり出す商品を当社はつくっているので、これを体験していただくことが目的です。カフェスペースでは温かい飲物を出し、参加者の方々にはゆっくりくつろいでいただきました。それがいったい何になるのよ、と思われますか?そのあたりから、次回お話しします。


おすすめ記事

タイだからつかめた大手との人脈 工業用送風機・集じん機メーカー 昭和電機

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る